ウォーキングでダイエット!走るのは負荷が大きくて・・・。

走ったほうが良さそうなことはわかってるものの、仕事もしてるし週に何回も走ることは現実的でないし、無理すると続かないのでまずはウォーキングの意識を変えていきたいと思います。

ウォーキングダイエットのポイントはストレッチしてから

体重が増える前までは普通の体系でいられたんですけど、仕事を辞めて自宅で仕事をするようになる頃から徐々に体重が増えつつあるようでした。そのときはちょっと太ったなと思いながら、甘さもあってそのまま管理することもしませんでした。栄養価の高い食べ物は当たり前のように食べて、間食なども食べないと落ち着かないくらいになってしまいました。そうしていると当然のことながら少し太ったを通り越し、これまで穿いてたズボンも着付くなってそのときにお腹周りの太さを改めて実感することになりました。

先延ばしにしていたダイエットをとうとうやることになり、ウォーキングをすることにしまいたが、私の場合ポイントとしてはまずストレッチを行ってからウォーキングをするようにしていました。こうすると身体が解れて歩きやすかったんです。毎日一時間ほど続けてからはお昼を抜いてダイエットを続けました。

この方法を一ヶ月ほど続けるようにしていたら、体重も5キロほど減ってくれててそれだけでモチベーションが高まりましたけど、何よりも毎日続けているうちに身体も楽になり心地良ささえ感じられるようにもなっていました。どんどん身体が絞られて気分も清清しかったですが、天候に左右されることが多い方法ですからそこがデメリットを感じるところでもありました。ただポイントを考えて続けるとしっかりと体重を減らすこともできるし、何よりも気分転換にもなる方法ですのでストレス解消にもなります。

ダイエットはウォーキングが楽で消費カロリーも多いです

最近になって体重が増加していました。
以前はスリムな体形だったのですが、徐々に太りやすくなっていました。私は食べることが好きで、毎週のように外食をして食べ歩きをしていました。20代の頃は何をしても太らなくて、周りからもうらやましいと言われていたのですが、変化が出てきたのは30代を過ぎたあたりから、特にお腹の肉が気になるようになりました。自分でもお腹の肉がつかめるようになっていて、パンツをはくときにも以前と比べてもきつくなっています。

今までも何回かダイエットはしたことがあったのですが。なかなか上手くいきませんでした。友人に話をしてみると、ウォーキングをして消費カロリー増やすと良いと言われました。
それから毎日ウォーキングをすることと、食事もなるべく抑えるようにしました。
今までは運動があまり好きではなかったので、身体を動かすことはしていなかったのですが、ウォーキングは身体にも負担が少なかったので、毎日続けるのも楽に感じました。自宅周辺を主に歩いているのですが、一か月に一度は遠くの方まで行って、気分転換をしながら旅行気分で歩くことにしています。ダイエットを始めて3か月を経過したころには、体重が5キロ減少しました。

見た目にも変化があって、お腹の肉も以前と比べてもスリムになっています。今までダイエットに成功したことが無かったのですが、軽い運動は長期間続けやすくて、消費カロリーを増やすのも簡単にできました。

ダイエット目的で始めたウォーキングの効果と体験

大学を出てから普通に働くようになったら体がどんどん太った私は、ダイエットをするためにウォーキングを始めることにしました。激しい運動は苦手だったので出来ませんでしたが、ウォーキングなら私でも問題なく気軽にダイエットとして出来ました。

最初はそれほど効果は感じられませんでしたが、数カ月続けるようにしたら徐々に体重が落ち始めました。それをする前は体重が80キロもあったのですが、現在は5キロも体重が落ちてかなりスッキリしました。おおよそ半年ほどでそれだけ痩せられましたので、個人的には効果に満足しています。

また、ウォーキングダイエットの良い所はただ単純に痩せられるだけでなく、目覚めが良くなったり気分転換になるといった良さもありました。最初はそれほど感じなかったのですが、現在はそれが趣味になるほどになりました。毎日歩くのが楽しくてたまりません。朝もスッキリ起きられるようになり生活にも活力が出てくるようにもなりました。

色々な効果があったのでこれからも、会社から帰って来た後や休日に歩き続けていきたいと考えています。ちなみに、歩く時に万歩計を利用するとモチベーションの維持に繋がりました。万歩計を付ければ何歩くらい歩いたのか数字でわかるので、沢山歩いた日と歩かなかった日が分かりますし、それをデータとして残していけば次はもっと歩こうという気持ちにもなれます。より楽しく歩いて痩せたいなら個人的には万歩計の利用もオススメです。

ダイエット目的のウォーキング効果

ダイエット目的でウォーキングを始めたことがあります。歩くという運動で痩せられるのかは正直不安でしたが、しっかり結果は出ていたので紹介したいと思います。

ウォーキングはジムで行うものではなく、お散歩のように自分の好きな音楽を聴きながら景色を楽しむようにして近場を歩きました。ダイエットしたい気持ちはあったのですが、ジムなどで黙々と歩き続けるというのは私には向いてなかったので、ジムやマシーンを使ったトレーニングは一切考えていませんでした。

人は約8000歩歩くと健康に良いと言われていますが、8000歩では痩せるには負荷が少ないと思ったので、10000歩を目標にしていました。毎日約1時間程度歩くような感じです。フラフラ時間つぶしのように歩くにはきついですが、ダイエットという目的を意識して毎日歩くようにしたら、思っていたより苦になりませんでした。

すると約1ヶ月で2キロほど体重が落ちました。食事も極端に変えていないし、食べたいときに甘いものも適度に取るようにしていたりで、痩せている実感はなかったのですが、体重は落ちていました。また、脚もほっそりしたように感じました。むくみも取れたようで、毎日気になっていた靴下のあともだいぶ薄くなりました。毎日コツコツと歩き続けたのが良かったのかもしれません。もちろん体調が良くない日はお休みした時もありましたが、自分の身体に合わせて続けられたので、気持ち的にも楽でした。

日々のウォーキング(距離と時間による)でダイエット効果抜群

ダイエットをするのに継続性を一番考慮すると、ウォーキングが最も効果的な方法です。ランニングや何かスポーツをしようと思い立ったのは良いものの、運動が苦手で嫌いな人にとってはすぐに挫折してしまいます。ウォーキングならば初めのハードルが低くて、負担を感じにくい特徴があります。単に、ウォーキングで少しの運動不足を解消しようと思うだけなら、家の近所や公園を30分も歩けば十分です。しかし、ダイエットをしたいならば、距離と時間を考えて計画的にすると、より効果を実感することができます。

例えば、初日は10分程度歩いたとすると、距離は1kmにも満たない程度です。とても短いですが、最初の内はそれでも全然構いません。初めから1時間歩いて、5km以上歩いたとすると相当疲労感を感じますので、3日坊主になってしまう可能性があります。そこで、1週間毎に1km増やしてみたりと、徐々にハードルを上げていくことをお薦めします。目標として目指すべき時間と距離は、大体1時間と約7kmが目安となります。人間の体内の脂肪を燃焼させるためには、歩くのであれば約1時間は体を動かす必要があるからです。

最後に、歩くと言ってもゆっくり歩くのと、少し早く歩くの違いでダイエットの効果が変わってきます。当然早く歩いた方が、体にかかる負担が段違いですので、慣れてくれば実践していくべきです。しかし、せっかく歩くのであれば、単なる運動と思わず、初めて自分が行くところを目指して楽しみたいものです。