トレーニングでダイエットしてる人に聞いてみた

ダイエットに効果のあるトレーニング方法

私は昔からぽっちゃり体型がコンプレックスで悩んでいました。ダイエットをして自分を変えたいと思い一年かけて17キロの減量に成功しました。今では理想的な体型を手に入れて満足していますし、この体型を維持するためにトレーニングを続けています。ダイエットを始める前はここまで続けられるとは思っていませんでしたが、無理のないトレーニング方法なら長続きしますし、効果があることがわかりました。

ダイエットは食事と運動の二つをしっかり気をつけることによって成功するかどうかが決まります。食事に関しては余計な間食はなるべく控えて、三食バランスよく食べればそれほど神経質にならなくても大丈夫です。運動に関しては、最初は体力をつけることから始めるのが良いです。最初からハードなトレーニングだと精神的に苦しくなってしまい長続きしません。運動に関してもう一つ大切なのが、有酸素運動と無酸素運動をバランスよくやることです。

まずは軽めの有酸素運動としてウォーキングから始めていきます。徐々に体力がついてきたら、ランニングに切り替えていきます。無酸素運動の筋トレに関してはダンベルなどの器具は使わないで、腕立て伏せ、腹筋背筋、スクワット、懸垂など基本的ものを限界回数×3セットから始めます。こちらも徐々に慣れてきたら、ダンベルを使った筋トレを取り入れていきます。徐々にペースを上げていく方が効果的ですし、三日坊主にならないコツなのでおすすめです。

ダイエットのためのトレーニング時には有酸素運動が有効!

以前から食べるのが好きで、好物ともなると際限なく食べてしまう悪習慣があり、何とか治したいと思っていましたがなかなかうまくいっていませんでした。体重は何とか若さで標準体重とさほど変わりない数字を維持していたのですが、30代から40代にさしかかり、体重が激増してしまい、とうとう肥満の仲間入りをすることになってしまいました。そればかりか健康診断ではメタボリックシンドローム健診が始まり、腹囲などが基準を超えてしまい、このままでは色んな病気にかかって長生きできない、と産業医の先生からも脅されてしまいました。

自分なりに考えた結果、ダイエットのためにはトレーニングが必要だと思い、トレーニングジムに通ってみることにしました。そこで30分ぐらい、思い切りランニングマシンで走っていたのですがなかなか体重が減りません。ジムのトレーナーの方にもアドバイスをいただきつつ、色々考えてみたところ有酸素運動を取り入れることが大切だという事に気が付きました。

具体的には同じトレーニングでも負荷を強くし過ぎず、ランニングマシンでも心拍数が上がり過ぎない程度のペースで1-2時間走り続けることで有酸素運動を行い、それによってカロリーを効率よく消費することをやってみました。

すると、3か月もすると10キロものダイエットに成功し、無事に標準体重に収めることができました。これでしばらく長生きが保証されたと思うととても気分が楽になりました。

筋トレが大事!ダイエットに筋肉トレーニングを組み合せてます

小さいころから習っていた水泳を高校入学と同時に辞めました。すると、どんどん体重が増えていったので、すごく悩みました。ご飯の量を減らしてダイエットをしようとしたのですが、すごくお腹が空くし、なによりイライラが募るのが最悪でした。自分で自分の気持ちがコントロールできなくなり、ちょっとしたことですぐに怒るようになりました。このままではダメだと思い、正しいダイエットをいろいろと探しました。そこで見つけたのが、ご飯をちょっと減らしつつ、筋肉トレーニングをする減量方法です。

痩せようと思ったら摂取カロリーを減らす必要があります。それと同時に筋トレをおこなうと、消費カロリーを増やすことができます。さらに筋肉トレーニングのいいところは、体の筋肉量を増やせるところですね。筋肉量が増えると、新陳代謝が活発になって痩せやすい体にすることができるんです。ダイエットをちょっと楽にすることができるから、筋トレはおすすめです。

もともと水泳をしていて体を動かすことが好きだったので、運動するのは苦じゃなかったです。週末に近くの公園にいって、ランニングすると減量のイライラも減って良かったです。それから、筋トレをして体全体に筋肉をつけると、やつれた感じがなく体重を減らすことができるのが魅力です。どうせ痩せるなら、ただ単に体重を落とすんじゃなくって、健康的に綺麗に痩せたいですよね。筋肉トレーニングを一緒にすれば、それができますよ。

女性である私が簡単にダイエットに成功したトレーニング法とは

若いころは、スリムで綺麗だと言われていたという女性も、出産後は太ってしまったと悩んでいる人も多いと思います。私も妊娠中に太ってしまったのですが、出産すれば直ぐにもとにもどるだろうと信じていました。ですが、出産後太りやすい体質に変ってしまったのか、ダイエットサプリを飲んだり、骨盤矯正をしてみたりしたのですが、効果はあまりありませんでした。

数年も痩せられないままでしたが、職場の人に女性がやるなら有酸素運動が一番だよと言われました。そのダイエット法とは、私が苦手とするランニングでした。息がくるしくなるようなキツイのは苦手だというと、苦しくない方法を教えてくれました。走る=苦しい、 と思っていた私の考え方を変えてくれたのです。ダイエットのためのランニングには、息がきれるほどのスピードは必要ないのです。必要なのは、あくまで、有酸素運動ができているかどうかです。ランニング以外にも水泳やエアロビクスも有酸素運動ですが、ランニングが最も効率よく脂肪を燃焼させてくれるのです。

私のトレーニングは、まず早歩きの人に追い越されるくらいのスピードで走ることでした。なので息は苦しくありませんでしたが、こんなので本当に痩せられるのだろうかと、逆に心配したくらいです。1日30分、週4日のペースでトレーニングをしているうちに、時間も距離も延びていきスピードも速くなっていました。足に筋肉がつくと代謝が上がり痩せやすい体質に生まれ変れるのです。2週間くらいで身体が引き締まっていくのを感ました。そして3か月で5キロ、5か月後には8キロの減量に成功することができました。痩せた上に、風邪もひきにくくなったような気がします。

本気のダイエットには食事制限とトレーニングの両方が必要

これまで何度ダイエットしたかわからない私は、失敗も数えきれないくらいしています。痩せたと思って喜んですぐに食べてリバウンド、という繰り返しです。

そんな私も、一度だけ本気でダイエットに取り組んだことがあります。他の時は、最近太ったから少しだけ痩せようなどという気軽なものだったのですが、この時は15キロ近く体重を落とすという本格的なものだったのです。

食事制限は当たり前として、私は腹筋と軽い散歩というかウォーキングのようなトレーニングをすることに決めました。食事は、大好きな甘いものを完全に断ち、カロリーの高そうなてんぷやとんかつといったものを避けてワカメ蕎麦や雑炊といったメニューを選ぶようにしました。トレーニングをしようと思ったのは、食事制限だけでも痩せはしますが、筋肉だけが落ちてしまうことをそれまでの失敗ダイエットで強く実感していたからです。筋肉が落ちても脂肪はほとんどそのまま残っているようなものだったので、ブヨブヨとした印象になってしまいあまり見た目が良くないのです。食べていないのでハードなトレーニングは無理と考え、姿勢を維持するのに必要な腹筋を毎日100回程度することと、気分転換も兼ねて外を散歩することを決めたのです。特に散歩は非常に良かったと思います。家にいると食べ物のことしか考えなくなってしまうこともありましたが、そんな時にぶらりと外を歩くだけでもリフレッシュになり、15キロもの減量に成功したのです。