筋トレをしてると、つい「シックスパック」に憧れる

シックスパックを作るために食事に気を配るようになりました

昔からシックスパックになっている腹筋に、すごく憧れていたんです。でも私はお腹周りに脂肪が貯まりやすく、なかなか思うように腹筋ができませんでした。腹筋をしたり、筋トレはある程度していたのですが、やっぱりそれだけではなかなかシックスパックはできません。

本格的にトレーニングしようと思い、色々調べてみた所、筋トレだけじゃなく食事も大切だという事が分かりました。どんなに筋トレをしても、脂肪がつきやすい食事をしていたら、腹筋は思うように鍛えられません。鶏の胸肉や白身魚が良いという事で、食事のメインはそういった物を食べるようにしました。それだけではなく、インゲン豆や玄米などもバランスよくとります。特に大切なのが、朝食をしっかり食べてエネルギーを蓄えるという事です。エネルギーを摂取しないと、体は筋肉を分解してそれをエネルギーにしようとするらしいです。なので、朝はオートミールなどを食べるようになりました。

意外だったのは、間食もした方が良いという事です。間食と言ってもお菓子を食べたりするのではなく、プロテインシェイクなどを飲んでいます。こういった食生活と共に、筋トレをするようにしたらだんだん筋肉がつきやすくなってきました。まだ完全なシックスパックになったわけではないですが、少しずつ腹筋も割れてきて、このままいけば理想の体型になれそうな気がします。すぐに効果が出る物でもないので、根気よく続けて理想の体型を手に入れようと思います。

ダイエットを続けることでシックスパックもできました

おなか周りの脂肪が気になってきたので、腹筋を中心としたトレーニングを始めてみたんです。昔は腹筋が割れて見えていたこともあり、何とか脂肪を落として腹筋が割れて見えることを目標にしました。

たまたま近所にジムがあったので、仕事帰りに1時間ほどの軽いトレーニングからスタートです。インストラクターの方に相談して、きれいな腹筋を作りやすいトレーニング方法を教えてもらいました。

そこで初めて知ったのが、きれいな腹筋を作るにはいろいろな角度から鍛えるのが大切ということです。同じトレーニングだけ続けてしまうと、きれいな腹筋を作るのは難しいことがわかりました。

そのジムは設備が充実していたので、トレーニングマシンのバリエーションも豊富です。初めて使うマシンばかりでしたが、インストラクターの方がいるので安心して利用することができました。

トレーニングを続けて3週間くらいで、すでに体重が2kgほど落ちていたんです。シックスパックを作ることを目標にしていたので、ダイエットをしているという感覚は特にありませんでした。

それからずっとトレーニングを続けていて、体も以前よりだいぶ引き締まってきたんです。体重は目標をクリアしたので、今は体脂肪率だけ落とすためにトレーニングしています。トレーニングを始めるきっかけになった腹筋も、しっかり割れて見えるようになって良かったです。ダイエットを続けることでシックスパックも出来ました。

腹横筋をつくりたい!シックスパックは腹筋が最適

私は昔から貧弱で体を動かすことが嫌いだったので学生時代は運動部に所属せず軽音楽部に所属してドラムを担当していました。頻繁にライブ活動を行っていく中でバンド仲間などが上半身裸で演奏を行いお客さんから歓声を浴びているのを見て鍛えられた体をつくって私も上半身裸になってお客から歓声を浴びたいと考えるようになりました。

そこで、まず脂肪を付けるためにお肉やたんぱく質類を多く摂取して当時体重が54キロだったので64キロまで体重を増やしました。

次にお腹の脂肪を筋肉に変えるために腹筋を毎日30回行って腹横筋ができるよう意識しながら行っていくと筋肉トレーニングを行ってから約3ヶ月経った頃にはきれいなシックスパックができたので大変感激しました。しかし、周りと比べてまだまだ筋肉が足りなかったのでさらに腹横筋を深くして綺麗なシックスパックをつくれるようプロテインを摂取しながら筋肉トレーニングを行うようにしました。プロテインの効果は絶大でプロテインを飲み始めてからは筋力増加が著しく周りと比べても変わらないくらい綺麗なシックスパックをつくることができました。

今まで貧弱だった私は何事にも自信が持てず消極的だったのですが、筋肉がついてからは自分に自信が付き何をするにも積極的に行動ができるようになったので、自分に自信がない方や体にコンプレックスなどがある方は一度自分の生活を見直して筋肉トレーニングを行い体を鍛えてみてはどうでしょうか。