ダイエットで痩せる方法まとめ!成功者5名の実践した内容とは

とある痩せる方法を試したら短期間ダイエットに成功

いろいろと短期間ダイエットをうたったものがありますが、どのダイエット方法も私にとってはイマイチでした。と、そんな時に私の弟が実践した何キロも痩せられたダイエット方法があり、弟からオススメされたので実際にやってみた所これが本当に凄くて短期間でかなり痩せられました。

その方法は知っている人も多いですが糖質を制限してダイエットする方法です。最近は痩せる方法としてかなり知られているダイエット方法で、テレビなどでもかなり取り上げられたりしています。私もその話を聞いた時には半信半疑の気持ちが強かったのですが、弟が痩せてほっそりした姿を見て本当だと感じました。

そして、私も弟がやった方法のまま糖質を制限した食事を食べるようにしてダイエットをしていったのです。やり方は意外に簡単で食事の中に含まれる炭水化物などをなるべく食べないようにするだけでした。私はよく間食をしていた、菓子パンなどを食べていたのでなるべくそれを食べないように心がけ、さらに食事の時にはお茶碗に本当に一口程度ご飯を持って食べるようにしました。

最初は白飯を食べられないことで少し辛い部分もありましたが、それは2~3日程度で直ぐに慣れて、後は普通に糖質を制限した生活が出来るようになり、最終的には7キロも痩せられたので良かったです。短期間ダイエットとしてはかなり効果的な痩せる方法なので、今では友人に私も紹介したりおすすめすることが多くなったほどです。

リバウンドせずに痩せる方法は消費カロリーにありました

ダイエットをいくら行っても目標を達成した後でリバウンドしてしまっては意味がありません。ダイエット本を見ても女性向けのものしか無かったので、男性向けの痩せる方法が無いか調べて行くうちにあることに気が付きました。リバウンドは摂取カロリーの制限によることが分かったからです。消費カロリーを増やす方向でダイエットすれば、摂取カロリーが異常値でなければ現状のままで済むと考えました。

有酸素運動が痩せる方法として昔から言われていますが、基礎代謝を上げる方法として体幹トレーニングや有酸素運動を行なう時に主に使われる赤筋を増やすための運動を行なえば良いと判明したからです。サイクルロードレースの選手やマラソン選手が皆さん細いのは、ダイエットというわけではなく筋肉の質が赤筋を多くしているから細くて基礎代謝量が多くなるわけです。

朝食にご飯を中心とした低GI食品を食べるようにして、夕食は軽めで炭水化物をなるべく少なくするように心がけて、一日の総摂取エネルギー量は変えない生活を2年行った所、ロードレーサーを楽しみながら週2~3回乗るようにしたことも功を奏してダイエットに成功しました。運動を全くしない方がお腹が空くことが体感的に分かったので、楽しみながら体を動かすことはストレス解消にも役立つと実感出来たのです。痩せる方法として運動を取り入れない方法では、基礎代謝を上げることが出来ないのでリバウンドを免れないことを知ることが第一歩となりました。

運動とそれ以外の痩せる方法の併用

スポーツやトレーニングで痩せようとする人は多いですが、すでに太っている人にとって身体を動かし続けることは大変で続けることは難しいです。

身体に蓄積された余計なカロリーを消費するには、有酸素運動ができる全身を使った動きが効果的だとおもいます。特に大切なのは呼吸方法です。ゆっくり大きく息を吸い込み、ゆっくり静かに息を吐き出すだけで、身体の血液の循環は良くなるような気がします。筋肉には余計な力を入れないように心がけました。準備運動や整理運動のような動作を加えるだけでも汗がにじむ程度には代謝が進むことを実感できました。ヨガのポーズを試してみましたが、身体が堅いので難しい型は無理でした。瞑想の型で十分な気がします。

痩せる方法として食事の制限は誰でもすぐ思いつきそうです。いきなり食べる量を減らそうとするのは無理です。無駄に精神力を消耗しあきらめる方向へ転がり落ちかねません。食事量ではなく食事内容を変えるのが楽に感じます。炭水化物や揚げ物などを減らすだけでも効果はありました。噛む回数を増やすことで短時間で食事が終了するのを防ぎます。よく噛めば少量でもその分以上に味わうことができるのでお得です。

トレーニングに付随する痩せる方法としてマッサージも効果的でした。血液の流れを助けるような方向に手のひらで押し出すようにマッサージします。揉むのではなく押し出すようにするのがポイントです。あまり力をいれず、可能ならば脱力した状態で息を吐きながらすると良いように思えました。腰や背中は協力者にお願いしたいところです。ストレッチで筋を伸ばす動きでも少しは効果があった気がします。

食事を工夫して痩せる方法はおすすめ

職場の健康診断で、体重をもっと減らすべきだと指導されました。肥満になったら、生活習慣病のリスクが高まるので注意が必要だと産業医からアドバイスを受けました。それを聞いて、とても恐ろしくなりました。すぐにダイエットを始めて、体重を減らす決意をしました。

まずは、効率的に痩せる方法について調べることにしました。産業医から話を聞いたり、職場の同僚に相談したりして、有益な情報を集めました。その結果、食事を工夫して痩せる方法が最も重要だと分かりました。毎日の食事の内容を変えるだけで、効果が出ると聞いてやる気になりました。とりわけ大切なのはカロリーの摂取量を減らすことです。炭水化物と脂肪はカロリーが多いので、今までよりも減らすことが大事なポイントになります。さらに、少量でも満腹感を得るために、海藻やキノコ、野菜を積極的に食べることが秘訣です。けれど、ダイエット中でも筋肉を維持することがコツですから、青魚や鶏肉、大豆製品などカロリーが低いタンパク質を食卓に並べました。また、甘い物を食べたい時は、ケーキやクッキーなどの洋菓子ではなく、水羊羹や葛切りなどの和菓子を選びました。飲み物もカフェオレやココアではなく、ハーブティーや緑茶にしてカロリーのコントロールを心がけました。

日常生活の食事を工夫したおかげで、以前よりも体重を減らすことができました。痩せる方法について、産業医や職場の同僚に聞いて本当に良かったです。

痩せる方法としてオススメなのは、お料理に一工夫するダイエット

私はやせ型なのですが、我が家は子どもが二人ともぽっちゃり体型です。子どもにダイエットは基本的にはさせるものではないでしょうが、体重をこれ以上増やさないで維持するためのダイエットをしています。痩せる方法としては食生活をバランスよく三食摂る中で、気づかれないようにカロリーダウンするメニューを考えることを第一にしています。例えば、こんにゃくをかさ増しに利用して満腹感を得ることを食事に取り入れています。ごはんを減らすというのは、子どもには酷なので、一合分だけをこんにゃくライスにするなどです。いつもの量と変わらなくても、摂取カロリーを減らすことが出来るので、子どもに負担はありません。

ハンバーグなどでは、豆腐を多めに入れてみたり、肉も使う部位によって、多少カロリーが変わるのでももより胸、ささみという風に少しでも低カロリーなものを選んでいます。親としてできることと言えばやはり一番は食事の面です。

努力次第で体重を減らすとまではいかなくても増やさないで維持することはできます。

また、運動として取り入れていることはウォーキングです。これは、やせ型の筋肉の少ない冷え性の私にとっても効果的です。走るとなると、なかなか続きませんが、歩くというのは意外と30分もすれば暖まりますし、夜は月や星を見ながら、野に咲く花を見ながら、色々な会話も弾みますしダイエットにもなりますし一石二鳥です。あと、痩せる方法としておすすめなのは、毎日の体重をグラフで記録することです。アナログで記録して見えるところに貼ることも痩せる方法としておすすめです。始めてからまだ2か月目ですが、無理のないペースでマイナス1.5キロです。