ダイエット目的のランニングについて聞いてみた

ダイエットに始めたランニングとジョギングシューズの選び方

私がランニングは始めたのは主人の何気ない一言で「晩一緒に走らない?」言われたのが切っ掛けでランニングの魅力にはまっていきました。
その時は最近太りやすくなって来たのでジムにでも行こうかなあと思っていたのですが、走るだけならジムのようにお金が掛からないダイエットだと思い、始める事にしたのです。

昔から長距離を走るのは苦手で続くか分からなかったのでジョギングシューズも買わずに始めの頃はデッキシューズで走っていたのです。
段々と距離を長く走れるようになって走る事が楽しいと思うようになった頃から二の腕や脚に程よい筋肉が付きはじめ体重も減り自然とダイエットをする事が出来ました。
特にアキレス腱がキュッと引き締まり走っている人特有の引き締まり方だったのでとても嬉しいと感じました。
またこれからも長く続けられると実感出来たのでジョギングシューズを本格的なものに変え、シューズを選ぶ際には自分の足の形や長距離を走るか走らないか、1キロ何分で走るかなどを聞かれ自分に合ったジョギングシューズを選んでもらいました。

以前履いていたシューズとは違い、とても走りやすく長距離を走っていても足に負担が掛かっていないのが実感できシューズ選びは自分に合ったものを選ばないと駄目なんだなあと思いました。
走り始めてからシューズも二足目になりましたが、どちらのシューズにも愛着があり特に長距離を走る時には「よろしくね」と毎回言っています。

ランニングが辛い方はスロージョギングでダイエット

私は昔から親に甘やかされて生きてきたので好きな物を好きなだけ食べる生活を続けていたせいで肥満体系になり、学生時代は太っていることをきっかけにいじめを受けた経験もありました。社会人になってからはいじめられることはなくストレスなく生活できていましたが、会社に入社した男の方に一目ぼれした私はダイエットを行う決意をしました。

しかし、激しい運動が嫌いな私はランニングなどを行えずどうやって痩せればいいのかわからず困っていました。そこでインターネットを活用してランニングを行わずダイエットが行えないか調べたところスロージョギングを行うことで痩せることができると知って試してみることにしました。

スロージョギングはランニングと違い激しく体を動かす必要がないので毎日続けることができて、はじめてから約2ヶ月経った頃に体重を計ってみると約6キロも減量できていたのでモチベーションも上がっていきました。

痩せてから好きな男性にアプローチをかけたところ、付き合うことができて本当にダイエットを行ってよかったと今でも思っています。同じ悩みを持った方は私のように激しい運動を行わず痩せたいと思っている方が多いと思いますが、家でストレッチを毎日行うだけでも減量につながるので、少しでも体を動かすことでシェイクアップできるので試してみてください。長期で続けていれば必ず結果に結びつくと信じて諦めずに頑張って減量を目指してみてください。

ランニングで心拍数をあげてダイエット

年々歳をとって代謝が悪くなったのか、ぷくぷくと太ってしまいました。ずっと座り仕事で運動をしていなかったこともあるのかもしれません。筋肉だと思っていたものも気付けば脂肪に変わっていました。もっとはやく気付けばよかったのですが。

とりあえず、筋肉量を上げようと、ランニングを始めました。ランニングで心拍数を上げて運動を続けることで、ダイエット効果が得られるということをネットで知りました。1番簡単だし、お金もかからないので、始めることにしました。

確かに、走っている時は心拍数があがりドキドキして苦しくなります。でも、ある程度の苦しさはダイエット効果を得るには必要だそうです。もちろん、不整脈や気持ち悪くなったりしたら、休憩をする必要がありますが、ただ単に心拍数が上がっているだけなら問題がないとのことだったので、毎日1時間走るようになりました。コースは気まぐれで、自分が知っている道を走ったり、知らない道を探索がてら走ってみたり。機械で走るのとは違って景色がどんどん変わっていくので、無理なく頑張ることができました。ランニング効果で約2キロ落とすことができました。体重は2キロ程度の変化ですが、体型が目で見てわかるほど変わり、身体のラインが変わりました。タルタルだった足も、締まり、細くなったことを実感できました。私には無理なく続けられるダイエット方法だったので、正解でした。これからも続けたいと思います!

ランニングによるダイエットの効果とは

ダイエットのためのランニングで3キロ痩せました!

私は、食事制限や断食などでのダイエットは望んでいなかったので、運動でやせようと決めていました。そこで選んだのは、ランニングです。
ランニングの効果に、基礎代謝を上げることができること、基礎代謝が上がれば自然と痩せることができること、筋力がついて心肺機能を高めることができることなどがあると聞いていたので、始めました。方法としては、毎日自分の体調に合わせて走る時間を決めて、音楽を聴きながら、あくまでも無理せず、走り続けることです。無理をしないというのがポイントで、長期間継続を重視していました。

毎日継続して行うと、身体が軽くなり、疲れにくくなりました。走らなきゃいけないという意識から、明日はどのくらい走れるだろうという考えに変わりました。それも筋肉量の増加や体重の変化など効果が目に見えるようになってきてからかもしれません。効果が目に見えるとがぜんやる気がわいてきますよね。
私は目標設定に3キロと決めていたので、もう毎日は走っていませんが、1日おきや2日おきに走るようにしています。習慣になってしまい、走らない日が続くとそわそわしてきてしまうので、適度な量を続けています。体重の変化はあまり感じられませんが現状維持というところです。それでも体のラインが締まってきて、周りの人にやせたねと言ってもらえるようになりました。このダイエット方法は私にあっていたと思います。

脂肪燃焼を目標にランニングでダイエット

学生時代から食生活が乱れても太ることがなかったので、ダイエットはしてきませんでした。しかし社会人になりデスクワークを行う生活が中心になると、いつの間にかお腹がでてきて太っていることに気がつきました。このままでは病気にもつながってしまうかもしれないと思い、やせることを決意しました。

いろいろなダイエット方法がありますがやはり脂肪を燃焼させるのが大事だと重い、ランニングをすることにしました。これまでやせるために走ったことがなかったのでどうやって走ればいいのか分かりませんでしたが、友人から大事なのは脂肪を効率よく燃焼できるように激しく走るのではなく心拍数を一定に保つことだと教えてもらいました。また、いきなり長時間続けるのは精神的にもつらく長続きしないのでマイペースで行うのも大事とのことです。最初のうちは少し走るだけでも息切れして大変でした。ずっと運動をしてこなかったので自分の体の衰え具合に驚きましましたが、あきらめずにランニングを続けていると少しずつですが走る距離を伸ばせるようになりました。

週に少なくとも3回は続けることを心がけました。朝に走ると体内時計がリセットされるのか、午前中から元気に動けるようになりました。さらに毎日の食事ですが、走るためのエネルギーとしてたんぱく質と炭水化物のバランスに気をつけるようにしました。減らしすぎてしまうと走れなくなり体にも悪いのでカロリーを管理しながら走り、無事ダイエットできました。