ダイエットの方法について聞いてみた

私のダイエット方法と効果

メタボ気味だった私ですが、1年間ダイエットを行った結果10kgの減量に成功し、血液検査で高かった肝臓の数値なども正常な範囲まで下げることに成功しました。
そんな私が行ったダイエット方法ですが、食事の方法と有酸素運動になります。
当たり前のように感じますが、食事の内容ではなく方法であるということがポイントです。

食事の内容は基本的に以前までと変化はなく、食べる順番を変えるということを行いました。どのような順番にしたのかというと、最初に水溶性の食物繊維を含んだサラダなどを食べて、その後におかずを食べておかずを半分位食べてから主食を食べるという形です。

水溶性の食物繊維を最初に摂取すると、糖や脂肪の吸収が抑えられるので太りにくくなるという話を聞いたからです。トクホの商品に使われている難消化性デキストリンも水溶性の食物繊維なので、この難消化性デキストリンを購入してお茶や味噌汁に混ぜるということも行いました。
この食事の仕方にして感じるのが、最初にサラダなど歯ごたえのあるものを食べておかずも食べてとすると、主食の量が少なくて済むということと、水溶性の食物繊維の効果で便通が良くなりお腹も空きにくくなるということです。
運動に関しては、家の中でテレビを見ながら行える踏み台昇降と簡易的なエアロバイクを購入し、妻と代わりばんこに使うようにしました。
消費カロリーなども見られるので効果が目に見えるのでついついもうちょっとやろうと思わせてくれるのが良かったのかもしれません。

このハイブリッドダイエットで見事に効果を出すことが出来ました。

体に良いダイエット方法

私は昔から肥満体系で学生時代は肥満を理由にいじめられて、社会人になってからも肥満を原因に就職試験に落ちていました。しかし、食べることが好きで食欲はなかなか抑えられずいましたが、ある日彼氏から「最近みるみる太っているからいい加減に痩せた方が良い」と指摘され、別れの危機を感じてダイエットを行うことに決めました。

しかし、食生活を変えたくなかった私は体に良いダイエット方法を見つけるためにインターネットや雑誌で情報を集めてたくさん試してきましたが、一番健康に良い方法はたくさんの食事を取ってその分のカロリーを運動によって消費することでした。

偶然にも私の家の近所には大きなスポーツジムが建っていたので会員になり毎日通うことにしました。スポーツジムではプールや専用の機器やヨガレッスンなど様々な目的に応じて運動を行えるので、私はダイエットを行うヨガレッスンを受講し続けていくと、ジムに通い始めて約2ヶ月が過ぎたあたりからお腹周りの肉が少しずつ無くなっていき3ヶ月を過ぎたあたりからはくびれまでできて大変満足できました。ジムの先生からは毎日継続してジムに通って諦めずに続けていたおかげで結果に結びついたと褒められたことも今では印象に残っています。

彼氏からは痩せてから清潔感も出てかわいくなったと言われて、毎日ジムに通ってヨガを行っていて本当に良かったと思いましたしこれからもリバウンドしないよう現状維持をしていきたいと思っています。

代謝を上げるダイエット方法は運動と筋トレ!

ただ食事制限だけしてもなかなか痩せませんし、たとえ痩せたとしてもすぐリバウドするので、この繰り返しは体にも負担になるし、更に痩せにくい体質になるので、この状態は少しでも改善しようと思い、健康的なダイエット方法を検討するようになりました。

有酸素運動と無酸素運動を交互にすることで、代謝もよくなり汗もかきやすくなるのでまず3日間この方法を取り入れることにして体を慣らしていきました。無理なく長く続くダイエットをしたいと考えていたのえ、まず食事もファストフードなどは避けるようにして、バランスよく野菜、肉、果物や魚など食事面を気をつけるようにしました。

食べ物も甘いものが食べたくなったら、サツマイモにするなど工夫するようにしました。また代謝が上がるように有酸素運動は30分ほど行い、ウォーキングをするようにしました。平日はなかなか運動する時間が持てないので、そういう場合は通勤途中の階段を上るなどなるべく体を動かすようにしました。

自然と体も引き締まり、脂肪も少なくなったので体を動かすのも苦痛に感じなくなり、快適になりました。少しずつ体質が変化しているのを実感できるようになり、動きが軽やかになったのがわかるので楽しく動いています。

日常生活の中でダイエットを取り入れるようにして、代謝が上がるようになり素肌もツルツルになったので体質が変化しているのが実感でき、とても毎日過ごしやすいな~と実感できるようになりました。

糖質を制限するダイエット方法で痩せました。

ダイエットの為に私がやったことは糖質を制限する方法です。そのやり方は通常のダイエット方法よりも速く痩せられると評判で、私の周りでも成功したという友人が沢山いました。そこで私も実際にやってみることにしたのです。

やり方については、私の場合は書店で糖質制限をしたい方向けに作られたレシピ本を購入してそれを見ながらやりました。本を見てやればいちいち自分が料理を考える必要もありませんし、カロリーやバランスなども考えられているので安心です。また、種類も和洋中とあって途中で飽きることもなく楽しく美味しく続けることが出来ました。

最初は白いご飯を食べられなくなったり、大好きなラーメンね口に出来なくなったりして大変なのではと感じましたが、実際にやってみると思っていた以上に直ぐに出来ました。白いご飯は食べられなくても、お肉などは沢山食べられたからです。

ラーメンも最近は通常の小麦を使ったものではなく、麺がこんにゃくでできているものもあり、食べられないという欲求がセーブできなくなることもありませんでした。そして、そのような糖質を制限する方法で暫く生活したら最初の一ヶ月で3キロも体重が落ちて自分でも本当にびっくりしました。最終的にはたった三ヶ月、続けただけで目標としていたマイナス7キロの減量が出来ました。痩せるスピードも驚くほど速かったですし、運動も特に多くしたわけでもありません。ここまで簡単に痩せられたのでやってよかったです。

無理をしない運動を毎日続けるダイエット方法

身体が少し重くなった、どうしてもスリムなボディになりたい、健康のためになど、それぞれの考え方から体重を減らすことをする方が多いとは思います。だけど私の経験上、そうしたことはまず成功させるにしても、諦めない気持ちが一番重要で、続けられる意識が無ければいけないと思うんです。私もこれまで何度かのダイエット方法を行ってきました。

だけどいつも諦めては誘惑に負けての繰り返しで、そうしていると徐々にそこから抜け出してしまい、せっかく頑張ったのに意味が無くなってしまいます。しかも数日だとしても、その間努力したのも無意味になるなら初めからやらない方がいいと思います。だからこそ何度でもするというのではなく、失敗しないように初めから本気で挑むのではなく、出来る範囲から進めていくのが最も良い方法だと思うんです。私の場合ですが、運動がメインのダイエットとを最後にやっていました。そのときはジョギングやストレッチなどがメインでしたけれど、走っているときに止めたいとか普通に何度も思うことでした。

だけどそこを我慢して走りぬくのではなく、むしろ自分に甘えてゆっくり歩くことも大事なんです。要するに毎日を頑張って続けるのではなく、自分のペースで進めていくこと、まずは長続きさせるための行動が必要となってくるんです。私はこうした運動をすることによって長続きができ、毎日動くことはそれだけでダイエットをさせてくれるということになるんです。