ダイエット中はお菓子食べてるのか聞いてみた

かたい食感のお菓子をダイエット中に食べました

椅子に座って机で行う仕事なので歩くことが少なく、太ってきました。そこで、ダイエットを考えるようになったのですが、昔から食べることが好きで食事を制限することができませんでした。そのため、かたい食感のお菓子を食べれば少しの量でも満足感が得られるのではないかと思い、ためしてみることにしました。コンビニでなるべくかたそうなグミを選び購入し、仕事の休憩中に食べるようにしました。普段よりも噛む回数を増やしたことによって、少しの量でも満足感があり食べる量を減らすことができました。また、かための食感のガムなども口寂しい時は食べるようにしました。このような事を意識したことで普段の食事でも噛むことに気を使うようになり、今までより食後の腹持ちがよくなったような気がします。しばらくグミやガムなどのお菓子を選んでかみ続けたことで、少しやせました。

また、ガムやグミ以外のお菓子もないかなと探したところ、ドライフルーツを見つけました。ミネラルや食物繊維が豊富なものなので美容にもよいかなと思い購入したのですがおいしく、お通じもよくなったと思います。さらにするめや昆布もよかったです。よく噛むするめや昆布は少量でも満足感があり、腹持ちもよかったので頻繁に購入していました。

これからも食べる量を減らしつつ満足感が得られるような食生活を心がけたいと思います。慣れてきたら、ジョギングなど他のダイエットにも挑戦していきたいです。

コンビニで買えるヘルシーなお菓子はダイエットの味方!

私が最近、ダイエットの時に助けられているのが、コンビニで販売している低糖質、低カロリーのヘルシーなお菓子です。過去のダイエットでは、間食を我慢する辛さが挫折の原因になったことも多かったのですが、コンビニでヘルシー志向のラインナップが充実して、間食のカロリー、糖質管理がしやすくなって本当に良かったです。

おからクッキーや、豆乳プリンは、自然素材の美味しさに目覚めるきっかけともなりました。チョコレートでは、腸内環境を整える乳酸菌を含むチョコレートがお気に入りです。減量効果だけではなく、肌質向上やバストアップなど美容面でも効果の高いお菓子に出会うことができ、楽しく美味しくダイエットを続けられています。クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子、ロールケーキやプリンなどの生菓子、とバリエーションも豊富で、その日の気分に合わせて選べるのが嬉しいです。

間食に工夫をするようになって以来、おなかのぽっこり感が気にならなくなり、体重も少しずつですが減ってきました。糖質カット、カロリーカットのお菓子は、価格や美味しさも通常の商品とさほど変わらず、コンビニを活用することで、カロリーや糖質管理ができるのが有難いです。専門店やお取り寄せでしかヘルシー志向の食品を入手するのが難しかった時代には、なかなか口にすることのなかった食べ物が身近なお店で買えるようになったので、今後も健康面や美容面を考えて食品を選び、理想の体型を目指したいです。

ダイエットのお菓子におすすめはドライフルーツです

私は昔から自分に甘い性格をしていて、ちょっとしたストレスを受けると食べて解消しないと浮上できない、そんな悪癖を持っています。自分でもダメだと思って改めようとしましたが、ストレスをそのままにしておくと落ち込んだままになってしまうし、人に対して八つ当たり気味になってしまいます。学生時代はともかく、社会人になってからはこれでは困り、仕方なく甘いものを食べて解消していましたが、今度は少しずつ太りはじめました。原因ははっきりとしていて、ストレス解消のお菓子ですが、止めることもできずに悩んでしまいました。

そういったことを女子会で相談したところ、お菓子ではなくドライフルーツを食べるようにとすすめられました。学生時代は私よりもポッチャリとしていた子ですが、いつのまにかすっきりとしたスレンダーなプロポーションになっていて、言葉に信憑性がありました。そこでストレス解消の甘いものとして、イチジクやプルーンのドライフルーツを用意して食べてみることにしました。甘さは十分で、しかも調べるとダイエット効果もあると分かって、食べても大丈夫なんだと感じられました。またストレス解消の方法として、食べるだけではなく運動をすることも考えて、ウォーキングを取り入れるようにしました。すると少しずつですが、体の脂肪が落ちてきて、すっきりとしてきました。ダイエットも無理してストレスになりリバウンドしていたので、かなりうれしく感謝しています。

ダイエット時でもOKな低カロリーのお菓子

ダイエットというと、こってりとした脂肪の多い食品を避ける他、カロリーの高いお菓子は我慢するのが基本です。でも、あまりきっちり制限してまうと、ふとした時にどうしようもなく無性に食べたくなったりすることが多いのでそれもあまり良いこととはいえないと思います。私も何度、制限のしすぎで失敗したかわかりません。せっかく必死の思いで我慢し続けていたというのに、そのたった1回、タカが外れたがためにそれまでの努力がすべて台無しとなってしまうのです。やはり、ダイエットの成功というものは、いかに長く続けられるかにかかっていると何度実感したかわかりません。

つまり、長く続けるには我慢しすぎては絶対にいけないのです。カロリーの高いお菓子はだめだとしても、代わりになるような低カロリーのものを時々食べるだけでも十分満足感が得られます。そこで私がダイエット中でもOKとしたのが、フルーチェや牛乳寒天、ゼリーといったタンパクなものです。中でもフルーチェなどは本当に美味しいデザートなので、これに何度助けられたかわかりません。もちろん、一度に2~3個をドカ食いすることはもっての他ですが、半量程度をゆったりと楽しみながら食べると、ストレスを溜めることなくまた頑張れると言った感じでした。

また、出来ればお菓子を手作りすることも大事です。自分で作ると、いかに砂糖が大量に使われているかがよくわかりますし、自分で砂糖をセーブすることもできるからです。

糖質&お菓子を我慢して、ダイエットを続けています

30代になってから、おなかまわりが気になってきました。おなかにお肉がついてくると腰と背中に負担がかかるんですよね。常に鈍い痛みがあって不快だし、姿勢も悪くなったような気がします。見た目年齢も上がってしまうから、なんとかダイエットをして痩せなくっちゃって思うようになりました。

ダイエットにも、いろんな方法がありますが、できるならストレスなく長く続けることができるものがいいと思いました。そのほうが体への負担も少ないから、健康的に痩せられると思ったからです。私がまずおこなったのは食事内容のチェックです。食べたものをノートに書き記していくと、かなり栄養バランスが崩れていることに気づきました。炭水化物がすごく多かったんです。あとはお菓子ですね。野菜と比べると糖質の割合が高くことに気づかされました。そこで、次は栄養バランスの整った食事を心がけました。

糖質の量を減らして、その代わり野菜や海藻、きのこの量を増やしました。お菓子は全部カットです。どうしても口寂しいときは、紅茶やコーヒーを砂糖を入れずに飲んだりしました。野菜ジュースも上手に活用していきました。

食生活を整えると、まずお通じが良くなりました。それまでは不定期だったんですが、二日に1回は便意が来るようになりました。スムーズにデトックスできるようになったから、おなかまわりもスッキリしてきました。肌の調子も良いのが嬉しいですね。この方法だとストレスが全然ないので、ずっと続けることができそうです。