豆乳ダイエットについて聞いてみた

どうやったら効果的か調べて豆乳ダイエット!

生理前に太ってしまうのが悩みでした。色々調べていると、生理前に豆乳を毎日飲むダイエット方法があることを知りました。

インターネットでどのような方法でダイエットをおこなうのが効果的なのか調べ、生理の10日前くらいから、毎朝200ミリリットルを目安に食前に豆乳を飲むようにしました。飲むだけで本当に効果があるのか最初は半信半疑でしたが、飲み始めるといつもは生理前に太ってしまっていたのですが生理前でも体重が変わらなかったのであれ?もしかしてきいてる?と思いました。生理が始まると飲むをやめるのが良いと書いていたので、生理が始まると飲むのをやめました。生理が始まったころに体重を測ると、確かに少し体重が減っていていました。少し苦手だと思っていた豆乳でしたが、成分を調整しているものなら無理なく飲むことができたので続けることができました。夏場は冷たいものをそのまま飲んだり、冬場は温めたり、ココアを混ぜてみたりしながら飲みやすいように工夫もしています。イソフラボンの取りすぎは体に良くないと聞いたので、摂取する量を注意しながら、毎月生理の前の10日間にこのダイエット方法を実施していますが、特に食事制限や運動などをしなくても体重が増えることはなく、体重が少しずつ減少しているので効果を実感しています。

無理なく続けられ、生理前に体重が増えてしまうという悩みも解決されたので、これからも続けていきたいと思っています。

産後は豆乳バナナダイエットでスレンダーボディになろう

私は20代で2人の子供をすでに出産していますが、もう二人も子供を出産しますとお尻やお腹が弛んでいました。

私は妊娠中8キロ太り、1人目の時はすぐに痩せられたので今回もすんなり痩せられるでしょうと思っていました。理由は完全母乳育児だからです。母乳の分泌は人より多かったので、それで痩せる自信があったのです。

ですが、どんなに月日は流れても、体重は全然落ちませんでした。おまけに授乳中はお腹が空いてしまうので、食べる量も多くなります。痩せないのにお腹が空いてどんどん食べてしまう負のスパイラルに陥り、いつしか旦那からはおばさん体型だと馬鹿にするようになってきたのです。

この言葉に一念発起し、ぜったいにやせようと決意しました。それが豆乳バナナダイエットです。

なぜこの方法にしたのかといいますと、バナナは血糖値を上昇させる働きがあり、スポーツの時や朝ごはんが食べられない時の手っ取り早いエネルギーとなります。豆乳は筋肉に必要なたんぱく質を含んでおり、カロリーも低いので気にする事なく飲むことができます。こうしてダイエットドリンクを毎朝ミキサーでしっかりと手作りし、ささっと飲んで家事や育児を行いました。

最初は少しお腹がすくなと感じていましたが、慣れれば特に気になりません。栄養もたっぷりなので朝ご飯を抜くよりよっぽど体にいいです。こうして豆乳バナナダイエットを続けて2ヶ月、徐々に体重は痩せ、結果的に8キロもやせました。

食事前に豆乳を飲んでダイエット

生理前に豆乳を飲むだけのダイエットがあり知り合いが痩せたと友人から聞いて、自分も試してみようと思いました。インターネットでやり方を検索すると、生理前の1週間から10日間の間、一日200ミリリットルの豆乳を飲むだけでいいということだったので、簡単に始めることができました。できれば無調整豆乳がいいということだったのですが、少し苦手だったので調整されたものでおこなうことにしました。

私は、朝食前に飲むことにしました。食事の前に飲むことで、満腹感が得られて食べる量を減らすことができるということだったので食前にしました。食事の内容も、それ以外には変える必要がなかったので、ストレスを感じることなく続けることができました。調整されたものだと、普通に飲めたのもよかったです。飲み始めると、生理前に増えていた体重が増えることがなく、減っていることもあり、このダイエットの効果なのかなと思いました。生理が始まると、やめて様子をみてみました。すると、先月は増えてしまっていた体重が減っていたので続けてみようと思いました。

数カ月続けていくことで、生理前に体重が増えることを防ぐことができています。また、生理不順ぎみだったのですが、飲み始めてから何か月か経つと、予定通りに生理がくるようになりました。体重を管理するダイエットの効果だけではなく、生理も整ってきたので、これからも生理前のこの習慣を続けていきたいと思います。

大豆イソフラボンが効果的 豆乳ダイエット

私は小さな頃から太っていたので、これまでにたくさんダイエットを経験してきました。その中で非常に健康的な方法だと思ったのが豆乳ダイエットです。含まれているのは大豆イソフラボンと呼ばれる成分で、体内に入ると女性ホルモンに似た働きをすることで知られています。

女性ホルモンは女性にとってとても重要なものなので、これだけでも健康になれそうなイメージがありますが、その効果はこれだけではありません。食べたものは胃で消化されて腸へ運ばれ、そこで吸収されて私のような人は最終的には脂肪として蓄えられて太るわけですが、豆乳を飲むと、大豆イソフラボンが腸で栄養が吸収されるのを防いでくれるのです。つまり、食事の前に飲んでおくと非常に高い効果が期待できます。

しかし、ここで難点といえるのがあまり美味しくないことです。砂糖が加えられている調整豆乳というのも売られており、それはヨーグルトやジュースのように美味しく飲めるのですが、ダイエットとなると不向きになってしまいます。せっかく栄養を吸収させないように飲むのに、肝心のものに太る成分が入っていたのでは元も子もありません。

しばらくは甘味の入っていないタイプのものを我慢して飲んでいたこともありましたが、長くは続きませんでした。そこで、低カロリーの甘味料を買って加えて飲むことにしたのです。これは大変良かったです。美味しく飲めて栄養吸収を阻止できる、とても良い方法だと感じました。

美しく痩せたい方は必読。豆乳ダイエットの方法教えます。

加齢と不摂生のため、体重が増えに増え実年齢より上に見られたり、損をすることばかりでした。そこで心を入れ替え、美しく痩せることにしました。どの方法が良いが考えましたが、運動は続かないので、食べ物ですることにしました。豆類は前から好きだったので、豆乳ダイエットを試しました。豆乳には大豆サポニンという脂肪を燃やす成分が多く含まれており、ダイエットに向いている食物といえます。長く続けていくと効果が見られたので、紹介したいと思います。

食事の前に豆乳をコップ1杯飲みます。水分を摂取すると満腹感が得られるので暴食を防ぐことができます。飲んだ後は、普段通りの食事をすることができるのでストレスなく続けることができます。便秘気味の方は便秘の解消にもなるので、お肌も良くなります。

他にはきなこをスプーン2杯から3杯いれ、お好みでハチミツをスプーン1杯程いれて飲んでも飲みやすくなります。私はこれを主に飲んでいました。きなこが好きなので、4杯くらいい入れてかき混ぜながら飲んでいました。冬は温めて飲んでも良いです。きな粉は食物繊維が多く、良質のたんぱく質やダイエットで不足しがちなビタミンを含む素晴らしい食物です。

他には、ココアもおすすめです。ココアもビタミンB群や食物繊維が豊富でカルシウム、ミネラルといった栄養素がたっぷり入っています。スプーンで2から3杯入れて飲むと飲みやすいです。

この様な方法で地道に続けていたら、いつのまにか体重が落ちてきてスリムになりました。体の中からきれいになったような気がして、今後も続けていくつもりです。