ダイエットの時、夜ご飯どうしているのか聞いてみた

ダイエットには夜ご飯の食事制限がおすすめ

食べることが好き、さらに甘い物も大好きなので、お菓子はいつも食べています。そのため甘い物や食べる物が極端に制限された食事制限がメインのダイエットをするのはとても苦痛に感じます。食べられないことでストレスをためてしまうのは楽しくないですし、できるだけ避けたいと思います。運動もとりいれながら痩せようと思って、通勤時間を出来るだけ歩いたり、時には自転車を使ったりして普段から気をつけることで多少体重が増えずにすむことができました。この方法でしばらくはちょうどいい体重をキープしていたのですが、今年の健康診断で体重を計ったら突然3kgも増えていたのでかなりショックを受けました。

なぜ、急に体重が増えてしまったのか、考えられることは年齢によって代謝が落ちているのかなということ、夜ご飯の時間が少し遅くなった、夜に野菜を食べることが少なくなったことではないかと思いました。

ダイエットしようと構えてしまうとプレッシャーに感じますし、なによりも食事制限をしなければいけないダイエットは絶対に続かないと思ったので、体重をうまくキープしていたころの夜ご飯の内容と食べる時間を思い出して、少しでもそのときの状況と同じにすれば体重が理想の状態に戻るのではないかと考えました。急激な食事制限をするよりも緩やかではありますが、夜ご飯だけ少し気をつける、そのほうがストレスをためないで体重を減らすことができるというのが自分にあったスタイルだと思います。少しずつ体重を減らしていくとリバウンドも少なくすみます。

ダイエットに効果的?!美味しい夜ご飯レシピ

私は昔から料理をすることが好きなので、普段からいろいろと作っていました。

ある時、少しポッチャリ体型の娘がダイエットをしたいというのでそのレシピを考えました。

娘はまだまだ育ち盛りなので、成長に影響のないように栄養があってなおかつ脂肪を燃焼できるようなものでなければいけないので料理本などを参考にいろいろと考えました。朝ごはんはいつもは菓子パンにカフェオレでしたが、それをご飯にかえました。ご飯のほうが太りやすい?と思いましたがパンに比べて燃焼しやすいようですし、体を温めるという点でも良いみたいです。そこに生姜入りの具沢山スープをつけて、更に脂肪の燃焼をはかりました。お昼ごはんは学校の給食なので、それはそのまま...。

そして夜ご飯にもう一工夫しました。食べる時間をいつもより一時間早くしました。時間を早めることで就寝までの時間が開いて、また燃焼しやすくなるようです。今までの夜ご飯は娘のリクエストでおかずに揚げ物などが多かったのですが、それを焼き物や煮物、蒸し物にシフトしました。味付けをしっかりとすることで、揚げ物を食べなくても満足感が得られるようにしました。ごはんも白米ではなく、押し麦を混ぜ込んで炊いた押し麦ご飯にしました。

間食も本当はしない方が痩せやすいとは思ったのですが、ストレスになってしまってはどうしようもないのでそこは今まで通りでOKにしました。

こういった食事を続けていくことで、娘もストレスなく健康的に少しずつ痩せていきました。私もレシピを考えるのは楽しいですし、娘と同じ食事をしていると自然と私までダイエットできて一石二鳥でした。

ダイエットのため、夜ご飯を野菜中心メニューにしています

ダイエットには、いろいろな方法がありますよね。バナナを食べたり、食事から炭水化物を抜くなどのように食べ物を工夫するものや、ウォーキングや水泳などの運動系のものなど、たくさんあります。いろいろなダイエット方法を知って、ストレスなく続けられそうなものをチョイスして試していくのが好きです。食事の前に水を飲んだり、ご飯を食べる時は炭水化物より先に野菜を食べるなどの、ちょっとしたコツを組み合わせていけば、効果も大きくなると思うんです。

最近、意識して取り組んでいるのが夜ご飯を野菜中心のメニューにすることです。夜って、活動する時間が短いですよね。ですから、夜ご飯で摂取したカロリーをすべて消費するのは難しいというのを聞いたからです。夜に摂取するカロリーをおさえ、そのぶん朝食をしっかり食べるとダイエットにつながるそうです。

夜に、しっかり野菜を食べるなら、煮込み系のメニューがおすすめです。煮込むと多くの量を食べることができるから、栄養のバランスも良くなります。白菜のお鍋や、ロールキャベツ、ポトフ、シチューなどを良く食べるようにしています。そうすることで、自然と炭水化物の食べる量も減ってきました。そのため、いままで不定期だったお通じが、だいぶ整ってきた気がします。うまくデトックスできているから、肌の調子も良く、メイクのりも良くなったのが嬉しいです。素肌が綺麗になってきたから、朝のメイク時間もだいぶ短縮できました。

ダイエットを成功させたいなら夜ご飯のカロリーが決め手

外食をする日が続いていたために、すっかり体重が増えてしまいました。本格的にダイエットをしないと、手持ちの洋服を着ることができなくなります。会社でお弁当を食べている時に、同僚にダイエットをすると伝えたら、夜ご飯のカロリーをコントロールすることが重要だと教えてもらいました。夜は活動量が少ないので、カロリーが多い食事をするとたちまち体重が増えると言われました。特に、夜ご飯がポイントだとアドバイスを受けました。主食の量を減らすことが大事と聞きましたから、すぐに実践したいと思いました。

まずは、主食の内容を変えることにしました。白米が好きなので、今まではお代わりをして食べていました。けれど、主食を減らすことが重要ですから、お代わりをやめて、白米に玄米や押し麦を加えました。玄米と押し麦を加えると、食べ応えがあるので少量でも満腹になります。さらに、野菜とキノコ、海藻類はカロリーが低いので、主食を減らした分だけ多めに食べました。けれど、ダイエット中は調理方法を工夫することも大切ですから、なるべく油を使わないことにしました。煮物や和え物、酢の物にして、あっさりした和食を作りました。また、温野菜のサラダを作った時は、オリーブオイルのドレッシングを添えました。オリーブオイルは美容と健康に好影響をもたらすし、便秘の予防になるからです。

夜ご飯の主食を減らしたおかげで、体重を落とすことができました。スリムなプロポーションを目指して、これからも続けるつもりです。

夜ご飯の時間を変えるだけでダイエットできる

私は夜ご飯の時間を変えるだけダイエットで1ヶ月で3キロ痩せることができました。

ずっと痩せたくて、ウォーキングをしたり、トレーニングをしたり、食べ物を変えたり色々試しましたが、イマイチ効果が感じられずでした。そこで、夜ご飯の時間を変えて、なるべく19時前に食事を終えるようにしました!19時以降はなるべく食べず、お腹がすいて我慢できないときは、焼きシイタケをつまんだり、納豆を食べるようにしていました。飲み物は好きなものを飲むようにしていましたが、あまいものはよるはひかえるようにしていました。とにかく19時以降は固形物はなるべく食べないことを徹底しました。

するとみるみるうちに体重が落ち、1番変わったのは、寝起きのお腹のもたれが一切なくなりました!前は、朝起きても胃がなんとなく重く、朝食はいらないかなーと思う時もあったのですが、今は、朝起きてもスッキリできちんと朝からお腹が空くようになりました。夜ご飯の時間を早めることで起きているうちに食べ物が消化され、胃に食べ物が残っていない状態で睡眠に入れるようになったことがダイエットにつながったのではないかと思います。1ヶ月で3キロ痩せたならば、2ヶ月3ヶ月と続けていったらどんな結果が待っているのだろうと、楽しみになりました。ダイエットが苦にならなくなったのが1番嬉しかったかもしれません。痩せなくて困っている方、きちんと食事をしながら痩せたい方はぜひこの方法を試してみてください!必ず結果が出ると思います。