ダイエットしてる時の朝ごはんについて聞いてみた

ダイエットで工夫した朝ごはんのメニュー

私が痩せるために工夫をした朝ごはんのメニューとは、野菜ダイエットです。 この方法は煮物、炒め物、生野菜などで野菜をどっさり食べて胃を膨らませて満腹状態にすることで、食欲を抑制させて1日に摂取するカロリーを減らすというスタイルです。野菜をどっさり食べる代わりに炭水化物などの糖分は以前よりも少なめに食べるようにしました。肉に関しては満腹感もあるし、たんぱく質が不足すると健康に良くない影響が出るので、以前と同じくらいの量を朝ごはんから毎日食べていました。

野菜ダイエットで食べた野菜は何かといえば、もやし、白菜、大根、キャベツなどが多かったです。毎日食べるものなので、あまり高価なものだと 経済的に苦しくなるので、比較的安いもので量があってかさがはる野菜を選んでいました。メニューとしては、もやしなら一袋をフライパンで炒めたり、茹でたりして食べていました。白菜やキャベツ、大根は煮て食べたり、一夜漬けにしたり、生で食べたりしていました。

野菜ダイエットで特に工夫して気をつけたことといえば、毎日やっているとだんだん飽きてくるので、料理方法を研究して、なるべく美味しいものを食べるようにして嫌にならないように気を付けていました。そのせいか、リバウンドもなくこの方法で10キロの減量に成功できました。

この方法だと、それほど苦痛も感じることなく、お金もあまりかからずに痩せられるので、意志の弱い人にもおすすめしたいやり方です。

ダイエットにもつながる?朝ごはんのフルーツ

私は、かなり以前から毎朝の体重を測ってエクセルに残しています。そのために体脂肪計を購入したくらいです。初期投資は痛いでしたが、体重が数値で表示されるため、針が揺れるのを確認するよりも正確なのがうれしいですね。せっかくだから体脂肪も測ってしていましたが、体脂肪計に乗る位置によっては数値が大きく変動するため、あまり参考にならないことに気付きました。現在は体重のみを測ってしています。

体重の計測を始めたきっかけは、いわゆる中年太り!私も例外ではありませんでした。そのため、スリムだった時代に戻るためにダイエット記録を付けたかったのです。さいわい、その当時のままで毎朝の日課になっています。また、ダイエットには直接結びついていませんが、100グラムくらいの増減だけで、ほぼ同じ数値を保つことができています。まるで、ボクサー並ですよね。あわてて減量しなくても、いつでも試合ができるのですから!

このように、同じ状態が保てる理由は朝ごはんにあると思います。在宅での仕事をしていますが、仕事をしながらお菓子などを口に運ぶことが日常です。ただ、食べ過ぎた翌朝は、朝ごはんを軽めにすることで体重が増えるのを抑えています。たとえば、バナナや桃缶などのフルーツは食べることが多いですね。

特に、バナナは包丁を入れることなく、簡単に食べられるフルーツというメリットがあります。エネルギー補給も簡単にできるので、仕事が立て込んでいるときには大変重宝しています。

なお、ダイエットも気になりますが、無理な方法で体重を落とすと体を壊してしまうため、今は現状をキープすることを優先したいと考えています。

ダイエット時におすすめの低カロリーの朝ごはんとは

私が食事制限ダイエットの朝ごはんに取り入れているのが、具だくさんのボリュームサンドイッチです。ボリュームサンドイッチは、一見、高カロリーにも見えますが、糖質を含むパンの割合が低いのが魅力です。毎日作っているうちに、具材の選び方に気をつけることで、栄養バランスの取れた低カロリーの食事に仕上げることができると分かり、色んな工夫をしながらボリュームサンドイッチを楽しんでいます。

パンは、糖質が低く、食物繊維が多い黒パンを使っています。一斤まとめて購入し、薄切りにして、一食分ずつ冷凍しています。具材の野菜には、レタスやキュウリ、トマトといったサンドイッチの定番具材のほか、人参やキャベツの千切りもよく使います。また、栄養素の凝縮されたスプラウトにも注目し、ブロッコリーやレッドキャベツのスプラウトを取り入れています。たんぱく源としては、ゆで卵、ハムのほか、ダイエット食材として人気のコンビニで売っているサラダチキンを活用しています。マヨネーズは、通常のマヨネーズの4分の1のカロリーに抑えた商品を使っています。

サンドイッチは、前日の夜に準備しておけるので、忙しい朝でもさっと朝ごはんを食べられて、栄養バランスの整った物をきちんと食べる習慣が身につきました。朝ごはんにボリュームサンドイッチを取り入れてから、体重も体脂肪も減ってきたのが嬉しいです。食物繊維を含む野菜をたっぷり食べることで、朝食後に自然な便通が促され、慢性の便秘症も解消してきて本当に良かったです。

朝ごはんだけ炭水化物でダイエットに成功しました

結婚が決まって、少しでもプロポーションを良くしようとダイエットをはじめました。目標まで時間があまりなく、そのためちょっとだけ過激なものでも構わないと思って、最初は食事のカロリーを極限まで減らしましたが、社会人として普通に働き、そこに結婚式の準備も加わりとても忙しく、食べなければ体力が持たず周囲に迷惑をかけてしまうと実感しました。そこでアプローチをちょっと変えて、朝ごはんの時だけ炭水化物を摂取するようにしました。朝にしっかりと食べても動くのでカロリー消費ができますし、エネルギーの補充にもつながるのでちょうど良いと思いました。

実際に試して2週間が過ぎた頃に、確かな変化が見られてきました。体重が落ちて、ぽっこりとしていたお腹がへこんできました。そして前のカロリーを限界に抑えた食事と違って、朝ごはんには炭水化物を摂取するのでエネルギーにもなりますし、夜など口さみしい時もありますが、綺麗な花嫁さんになることを夢見て耐えていきました。

ダイエットをはじめて2か月後になんとか理想とするプロポーションにたどり着いて、その間に特別な問題が体に出ないで済みました。糖質制限は人によってはエネルギー不足になってしまうので、無理をしないように自分に合った方法を見つけることが大事です。また朝だけでもパンやごはんなど食べたいものを摂取するので過剰なストレスにもならず、無事に続けることができて、成功することができました。

朝ごはんに食物繊維を摂るとダイエット効果があった

私は便通がとても悪くて、一週間くらい便が出なかったことがあります。その時は毎日お腹が張っていてつらかったです。お腹が張っているのにお腹が減るので、ずっと食べ続けている状態でした。しかし、たまりたくさんの量を食べてしまうと、どんどん太る一方なので困ってしまいました。

友人に同じような体験をした人がいたので、その時にどうしたのかを聞きました。朝ごはんに食物繊維を取るようにすると、便が出るようになったと言っていました。私は食物繊維について詳しく知らないのですが、便が出るようになるのに必要だということはわかりました。友人の言う通りにしたところ、便が出るようになりました。それで、便通が良くなり、食べていたものが徐々に出ていくのがわかりました。さらに、朝ごはんに食物繊維を取ると、ダイエット効果があるとも言っていました。さらに、体重を減らすために継続することにしました。

今までどんなダイエットをしても、あまり効果がなかったので、期待はしていませんでしたが、なんと体重が減ってきたのです。これにはさすがに私も驚きました。どんな運動をしても、食べ物を控えても、うまくいかなかったのですが、この方法が合っていたのです。今まで朝ごはんを抜くことがしばしばあったのですが、これがダイエットにはいけないことだったことがわかりました。きちんと規則正しく食事を摂ることが体重を減らすことにつながることを身を持って体験しました。